田舎で働くキャバ嬢の日記

太陽の塔、40年ぶり「目」点灯へ(産経新聞)

 「太陽の塔」の“目”が40年ぶりに輝きを取り戻す。独立行政法人「日本万国博覧会記念機構」(大阪府吹田市)は22日、大阪万博(昭和45年)から今年3月で40年となるのを記念し、塔の顔の目玉の夜間点灯を恒久的に復活させると発表した。3月27日から。

 40周年記念事業の一貫。40年前の万博期間中は、塔の一番上の「黄金の顔」の目玉(直径約2メートル)に投光器が設置され会場を照らしていた。大阪空港の路線に配慮したため期間限定の措置だったが、当時に比べて照度の弱い白色発光ダイオード(LED)を使うことで復活が実現した。

 点灯は、従来実施している塔全体のライトアップと同じ日没〜午後11時。担当者は「今は夢や希望を持てなくなっている時代。万博当時の元気を感じ取ってほしい」と話している。

【関連記事】
太陽の塔をキャンバスに 万博公園で試験点灯
太陽の塔に“第4の顔”「地底の太陽」を探せ! 万博記念機構が情報募集
上海万博「大阪館」の外観デザインが決定
反博の巨像だった太陽の塔
芸術は爆発だ! 太陽の塔をデジタルアートに

全日本学生児童発明くふう展 表彰式 常陸宮ご夫妻も出席(毎日新聞)
【土・日曜日に書く】産経デジタル取締役営業本部長・井口文彦(産経新聞)
檜原村長の敗訴確定=再雇用職員の賃金訴訟−最高裁(時事通信)
参院選1次公認、来月1日にも=小沢氏「島根は最重点区」(時事通信)
彫刻家、雨宮淳氏が死去(産経新聞)
[PR]
by apouttsvwm | 2010-02-26 23:24
<< カセットこんろ爆発 5年で13... 練馬の幼児2人焼死、押し入れが... >>



キャバ嬢の平凡日記(記録用)
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧