田舎で働くキャバ嬢の日記

市章が逆…1年半そのまんま 藤沢市保健所の営業許可書(産経新聞)

 神奈川県藤沢市保健所が市内のコンビニエンスストアや飲食店に発行し、店内に掲示される営業許可書の市章が左右逆に印刷されていたことが9日、市への取材で分かった。約1年半にわたり気付かず、2000店以上に発行されたといい、市のシンボルの“異変”が長らく放置されたかたちだ。市は「許可書の効力に問題はないが、恥ずかしいこと」と恐縮しており、正しいものと交換を進める。

 藤沢市章は、カタカナの「フジ」を図案化したデザインで、問題の営業許可書では、市章の「フ」の部分が左右逆になっている。営業許可書は食品を扱う業者や美容院など衛生管理が求められる業種に必要で、店内に掲示義務がある。

 同市によると、許可書の用紙に印刷ミスがあり、平成20年7月納入の3千枚の市章が逆向きに印刷されていた。同市保健所は気づかず、今月8日まで、この用紙を使用。同日、市内在住の男性がコンビニに掲示された許可書の市章がおかしいのに気づいて市に確認、ようやく発覚した。

 市の担当者は「市民に偽造ではないかといった誤解を与えかねず、申し訳ない」と話している。

新卒者支援策を周知へ=無料職業訓練など−政府(時事通信)
<訃報>堀木博さん95歳=元日本トランスシティ社長・会長(毎日新聞)
「正直に真実を述べた」小林議員聴取で首相(産経新聞)
<新型インフル>ワクチン接種は推定2278万人(毎日新聞)
<スナック経営者刺殺>起訴内容を全面否認 初公判で被告(毎日新聞)
[PR]
by apouttsvwm | 2010-03-16 13:24
<< 9自治体で不適切な結核検査−厚... 薬価改定影響率、最高は大日本住... >>



キャバ嬢の平凡日記(記録用)
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧