田舎で働くキャバ嬢の日記

<過労死企業公開訴訟>「社会的批判を」原告が陳述(毎日新聞)

 過労死や過労による病気で従業員が労災認定を受けた企業名の公開を国に求めた訴訟の第1回口頭弁論が26日、大阪地裁であった。飲食店店長だった夫(当時49歳)を過労自殺で亡くした原告の寺西笑子(えみこ)さん(61)=京都市=が「過労死や過労自殺をさせるのは企業犯罪。社会的批判にさらされるべきだ」と意見陳述した。国側は請求棄却を求めた。

 寺西さんは陳述で書面を力強く読み、「労災申請と民事訴訟を通じて事実の解明に10年以上もかかった。しかし、悲しみは深まり、今も心の傷が癒えない」と心情を吐露。「過労死や過労自殺をさせた企業には何の社会的制裁もない。公開によって若い人の企業選びに役立つ」と企業名公開の意義を訴えた。

 寺西さんは昨年3月、大阪労働局に情報公開請求したが、「個人の特定につながる」として開示されなかったため、不開示処分の取り消しを求めて提訴した。【日野行介】

【関連ニュース】
教師刺殺:卒業24年後の事件で因果関係認める…甲府地裁
派遣労働者:携帯で条件チェック 連合が2月サイト開設
石綿防護マスク:42都道府県、備蓄ゼロ 完備5県のみ
記者の目:労組は社会連帯の要たれ=東海林智
高次脳機能障害:患者の1割、画像所見得られず 医師調査

「QCサークル活動」発表会を開催−東京都(医療介護CBニュース)
首相官邸に届いた銃弾は鳩山首相あて 官房副長官が会見で説明(産経新聞)
小沢幹事長宅に実弾か=秘書が発見、届け出−警視庁(時事通信)
「戦略的アセス」導入を最終報告 中環審専門委(産経新聞)
替え玉殺人判決 尹被告「全部うそでしょ」 遺族「真実を」願いかなわず(産経新聞)
[PR]
by apouttsvwm | 2010-02-01 22:12
<< 天皇陛下、風邪や腹痛などで葉山... 雑記帳 高橋大輔選手に猫駅長「... >>



キャバ嬢の平凡日記(記録用)
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧