田舎で働くキャバ嬢の日記

カテゴリ:未分類( 56 )

国会 内閣不信任案を否決 衆院本会議 (毎日新聞)

 衆院本会議で16日午後、自民党が提出した内閣不信任案の採決が行われ、与党の反対多数で否決された。自民党は菅政権が発足したにもかかわらず、政府・与党が衆参両院の予算委員会審議に応じないことに反発。「国民への説明責任を果たしていない」などと政府・与党を強く批判する不信任案を提出していた。

 参院では、自民、公明両党などが、菅首相と事務所費問題を抱える荒井聡国家戦略担当相に対する問責決議案を提出しているが、同日の参院本会議で否決される見通し。

【関連ニュース】
<関連記事>国会:自民が内閣不信任案を提出 午後、否決し閉会
<関連記事>自民:16日に内閣不信任決議案提出方針固める
<関連記事>国会:会期延長せず、16日閉会へ 民主国対委員長が通告
<関連記事>民主党:小沢氏の政倫審出席は応じず 「時間的余裕ない」
<関連記事>亀井郵政相:辞任を閣議決定…後任は国民新・自見氏で調整

早期終息、再建に全力=菅首相、口蹄疫対策で宮崎入り(時事通信)
雑記帳 迷子のカルガモ親子を救出 京都・西本願寺(毎日新聞)
鳩山政権を真摯に反省、新たな出発…枝野幹事長(読売新聞)
痴漢容疑で自衛官逮捕=電車で女子高生触る―和歌山県警(時事通信)
揺れる自民 谷垣氏、意気込みと目標に乖離(産経新聞)
[PR]
by apouttsvwm | 2010-06-18 09:56

野良猫餌付け 癒やしか迷惑か…地域の共生でトラブル回避(毎日新聞)

 野良猫への餌付けは禁止、ふん尿で迷惑をかけた近所の人には慰謝料約200万円−−。近くの猫に餌をやっていた将棋の元名人・加藤一二三さんが5月、東京地裁立川支部でそんな判決を受けた。餌付けが愛猫家のエゴと言われないために、どうすればいいのか。【山本紀子、池田知広】

【関連記事】野良猫餌付け:将棋の加藤九段に中止などを命じる判決

 加藤さんは控訴を断念し敗訴したが、判決については「外で暮らす猫の問題は、皆で支え合っていくというすう勢にあることを認めている」などと評価。「(集合住宅の)敷地外で餌やりを続ける」としている。

 近くの80代女性は「判決後は近所での餌付けは、ぱったりやんだ」と話すが、自宅には見知らぬ人から「猫をいじめないで」と電話がかかってきたという。「私たちはふん尿のにおいに悩まされていただけだったんです」。猫に悩む人たちと愛猫家との溝は深い。

 猫の餌付けトラブルは各地で深刻化している。08年には川崎市と東京都足立区で、09年には千葉県船橋市で殺人事件まで起きた。日本動物愛護協会事務局長の吉野功さんは「猫問題は人口の密集した都市部で顕在化しやすい。餌やりは自由だが、敷地管理者の了解を得たり、生まれる子猫をどうするかなどの対応が必要」と指摘する。

 横浜市磯子区の安達節子さん(55)は、餌やりを始めて10年。毎晩外に出るとなじみの猫数匹が寄ってくる。「いやなことがあっても忘れてしまう」という癒やしのひと時だ。

 食べ残しの餌やふんは始末し、猫には必ず不妊・去勢手術を施す。近所に20匹いた猫は、自然に7匹に減った。一緒に餌をやる森谷美恵子さん(54)は「地域の人とコミュニケーションをとるのが最も大切。町会には猫ボランティアの活動を説明し、防災訓練や公園清掃には参加する」。

 磯子区は99年、全国に先駆け、人と猫とが共生するための「猫の飼育ガイドライン」をまとめた。安達さんらも含め27のボランティアグループが餌付けしている。ガイドライン推進協議会事務局長の獣医、坂田充古(みつこ)さんは「グループが活動する場所で猫は増えていない」と話す。

 カギは不妊・去勢手術。猫は年30匹以上を産むとされ、手術には協議会から助成金が出る。原資は賛同者が払う年会費1000円で、猫に困る人たちも入会して負担している。

 環境省によると、さいたま市や相模原市など約150の自治体に同様の助成制度がある。全国の猫の殺処分数も、約30万匹(96年度)から約19万匹(08年度)に減っている。

 野犬に関しては、狂犬病予防法などに基づき保健所や動物愛護センターが捕獲・処分する場合があるが、野良猫は、明らかに遺棄されたものや飼い主が引き取りを求めたものなど以外は処分の対象になっておらず、放し飼いされた飼い猫との区別も難しい。

 上野動物園元園長の中川志郎さんは「餌を与えるなら繁殖のコントロールは必須で、餌付けする人は、猫嫌いの人と折り合う努力が求められる」と話した。共生は、まずは人間から、のようだ。

【関連ニュース】
<関連記事>加藤一二三氏:控訴断念 猫の餌付け中止など受け入れ
<関連記事>世界の雑記帳:ブラジル南部に捨て犬や捨て猫の「スラム街」
<かわいい猫や犬の写真がいっぱい>毎日わんにゃんパーク
<関連記事>どうぶつナビ:ハトにエサをやってはだめなの?
<関連記事>犬が教えてくれたこと:ペットブームの残酷

iPSで「免疫」量産 理研が成功 がん治療に光(産経新聞)
【明美ちゃん基金 ベトナム医療団】回復順調、戻った笑顔(産経新聞)
年109万円もらう橋下知事「子ども手当、7人の食費に」(産経新聞)
<福井新聞社>DVD無断複製で逮捕の記者を懲戒解雇(毎日新聞)
シンドラー製でロープ破断=エレベーター5000台を緊急点検―国交省(時事通信)
[PR]
by apouttsvwm | 2010-06-07 21:52

<公取委>違反企業の課徴金額が過去最多に(毎日新聞)

 公正取引委員会は26日、09年度の独占禁止法違反事件の処理状況を発表した。違反企業に出した課徴金納付命令の総額は、延べ106事業者に計360億7471万円で、過去最多だった08年度の計270億3642万円を90億3829万円上回った。亜鉛メッキ鋼板のカルテルなど規模の大きな価格カルテル事件の摘発があったため。09年度に排除措置命令や課徴金納付命令を出した事件は26件(前年度比9件増)。うち、航空自衛隊の事務用品発注を巡る談合事件など入札談合が17件と前年度より15件も増えた。公取委は「入札談合、官製談合の体質がまだ残っていることを示している」としている。

【関連ニュース】
地位乱用:岡山のスーパーを初の立ち入り検査 公取委
光ケーブルカルテル:5社に排除命令、課徴金161億円
下請法:勧告は15件 公取委
独禁法違反:シャッター3社課徴金55億円 公取委命令へ
カルテル:光ケーブルで 5社に排除命令、課徴金161億−−公取委

口蹄疫 各地に余波…風評被害が最大の懸念(産経新聞)
与野党、衆院比例単独候補も解禁の対象に 参院選からネット選挙解禁(産経新聞)
民族の矜持を踏みにじる…NHKこそ「人間動物園」ではないのか(産経新聞)
新執行部の「みえる化」が課題−日病・堺会長(医療介護CBニュース)
【合縁奇縁】編集委員・岡部伸 「現代の明石元二郎」(産経新聞)
[PR]
by apouttsvwm | 2010-05-28 22:08

小沢氏「誠実に対応」と談話、会見には応じず(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長が15日、自らの資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件で東京地検特捜部から3度目の事情聴取を受けたことで、同党では夏の参院選への影響を懸念する声が強まっている。

 小沢氏周辺は衆院の政治倫理審査会でも説明して問題を決着させたい考えだが、改選を迎える議員や地方組織からは小沢氏の辞任を望む声も出始めている。

 小沢氏は都心のホテルで事情聴取を受けた後、出入り口で待ち構える報道陣を避けるように地下駐車場に車を呼び、ホテルを後にした。

 「誠実に対応する」という談話を発表したが、1度目の聴取の際とは違って記者会見には応じなかった。

 小沢氏周辺は「同じことを言うだけだという思いがあるのだろう」と語った。

 小沢氏周辺では「検察審査会の『起訴相当』議決を受けたセレモニーだ。新しい証拠も出てこないだろう」という楽観論が強い。小沢氏自身も強気を崩していない。周辺によると、女子柔道五輪金メダリストの谷亮子氏の擁立を決めた際には、「いい候補者がそろってきた」と自画自賛したという。10日夜には、国民新党代表の亀井金融相に「俺は辞めない。悪いことはしていない」と語った。

 ただ、検察審査会が2度目も「起訴相当」を議決すれば、強制的に起訴されることになる。今回聴取に応じたのも、「検察審査会の印象を良くするためにも、説明責任を果たす姿勢を見せた方が得策だ」という判断もあったとみられる。

 党内では、参院選対応を一手に担う小沢氏が繰り返し事情聴取を受けることは、選挙戦への大打撃になるという見方も出ている。

 仙台市で15日に開かれた党宮城県連の会合では、公認候補2人を擁立した参院選宮城選挙区(改選定数2)の情勢について、「小沢氏が重大な判断をしないと、候補が2人とも当選しないことがあり得る」と小沢氏の辞任を促すような発言が出た。出席した細野豪志副幹事長は「小沢氏の果たしている役割は非常に大きい」と理解を求めたが、会場には重苦しい空気が漂った。

 14日夜には、改選を迎える簗瀬進参院予算委員長と蓮舫参院議員が鳩山首相と会食し、簗瀬氏が「参院選に向けた体制を党と政権の中で確立していただきたい」と訴えた。「改選議員を代表して小沢氏の更迭を求めた」という受け止め方も出ている。

 しかし、首相にとっては沖縄の米軍普天間飛行場移設問題などで政権の求心力が低下する中、「小沢氏の支えがなければ政権が維持できない」(首相周辺)というのが実情だ。首相と小沢氏の「一蓮托生(いちれんたくしょう)」の状態は当面続きそうだ。

米実弾訓練を沖縄県外移転…政府が負担軽減策(読売新聞)
【from Editor】名簿奨励条例への期待(産経新聞)
<口蹄疫>牛関連のイベントが全国各地で中止に 風評も懸念(毎日新聞)
<口蹄疫>東国原知事、宮崎県内に非常事態宣言(毎日新聞)
40代自殺の増加幅最大=20〜30代は過去最悪−12年連続3万人超・警察庁(時事通信)
[PR]
by apouttsvwm | 2010-05-20 14:53

郵便不正 「凜の会」発起人に有罪判決 大阪地裁(毎日新聞)

 障害者団体への郵便料金割引制度を悪用した郵便不正事件で、偽証明書作成に関与したとして虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた障害者団体「凜(りん)の会」(解散)の発起人、河野克史(こうのただし)被告(69)の判決が11日、大阪地裁であった。横田信之裁判長は「事件の中心人物で刑事責任は重い」として、懲役1年6月、偽証明書の没収(求刑・同)、執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。

 判決によると、河野被告は04年2月、同会代表の倉沢邦夫被告(74)=同罪で無罪判決、検察側控訴=を通じて厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)に、凜の会を障害者団体と認定する証明書作成の便宜を依頼。また同年6月には、元係長、上村勉被告(40)に催促し、村木被告の指示のうえで証明書を作成させた。

 横田裁判長は「倉沢被告に国会議員への口利き依頼を指示し、上村被告に催促するなど、事件に対する寄与の度合いが大きい」と述べ、河野被告を郵便不正・偽証明書事件の中心人物と認定した。

 問題の証明書を作成する職務権限は当時課長だった村木被告にあったため、河野被告には身分犯ではない公文書偽造罪の適用の可能性があった。この点について判決は村木被告との共謀について特に言及せず、河野被告が起訴内容を認めていることなどから「身分なき共犯」として虚偽有印公文書作成・同行使罪で有罪と判断した。

   ◇

 河野被告は判決後、大阪市北区で会見し、「事件の発端を作った私の責任は重い。関係者や社会に何度でも謝罪したい」と神妙な表情で話した。ただ、村木被告については「個人的な意見だが、村木被告の公判の様子を見て、事件にかかわっていないと感じた」と無罪との感想を述べた。控訴について、弁護人の岸上英二弁護士(大阪弁護士会)は「真実は何かという点では争う点があり、控訴するしかないと思う」との方針。今後2人で数日間話し合って決めるという。【日野行介】

【関連ニュース】
郵便不正事件:「凜の会」で控訴…大阪地検
障害者郵便割引不正:「凜の会」代表、偽公文書作成は無罪
郵便不正裁判:団体設立の河野被告に懲役1年6月求刑
郵便不正公判:大阪地検が窮地 供述内容覆り(1/4ページ)
郵便不正公判:村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定

手掛かり乏しく、捜査難航=遺留品、交友関係…−島根女子大生、遺体発見半年(時事通信)
Mステ「シングルCDランキング」 おかしなカラクリあった(J-CASTニュース)
未完成介護住宅で入居金詐取=容疑で社長夫婦宅捜索−神奈川県警(時事通信)
両陛下、学童保育を訪問(時事通信)
<高速無料化>CO2排出量は減る?増える?…正反対の試算(毎日新聞)
[PR]
by apouttsvwm | 2010-05-13 02:56

地方議員47人が参画=日本創新党(時事通信)

 日本創新党党首の山田宏東京都杉並区長は25日、都内で記者会見し、民主、自民両党所属の現職自治体議員や議員経験者など計47人が日本創新党への入党を含め、同党の活動に参画することを明らかにした。今後、山田党首ら執行部は首長や地方議員を中心に夏の参院選の候補者選定作業を本格化させる。
 会見には47人中20人が同席。清水隆司大阪府岸和田市議会議員は、「先週、(民主党への)離党届が受理された。今の民主党はわたしの考えとはまったく逆の方向に進んでいる」と創新党参加の理由を説明した。出席した20人のうち、民主党系は6人、自民党系は6人だった。 

【関連ニュース】
舛添新党、早くも逆風=「第三極」主導は不透明
結党会見要旨=新党改革
「新党改革」旗揚げ=舛添代表「必ず政界再編」
舛添新党は理念不明確=千葉法相ら指摘
「自民党も頑張らないと」=直嶋経産相

首長新党 新党名はなんと「日本創新党」!(産経新聞)
AED 救急車で作動せず 男性死亡 大阪(毎日新聞)
雑記帳 再活用目指して「廃校全国サミット」 秋田(毎日新聞)
傷害容疑で会社員逮捕=父けられ入院、死亡−新潟県警(時事通信)
歩道を暴走のクルマ、歩行者を次々にはねる…薬物中毒か(レスポンス)
[PR]
by apouttsvwm | 2010-04-27 09:45

赤いシャボン玉を公開=長女の夢、山崎さんが宇宙で(時事通信)

 【ケープカナベラル(米フロリダ州)時事】山崎直子さん(39)が宇宙で作った赤いシャボン玉の写真が16日(日本時間17日)、夫大地さん(37)の簡易ブログ「ツイッター」で公開された。
 色付きシャボン玉は、長女優希ちゃん(7)が幼稚園児の時に取り組んだ夢。ただ地上では、重力の影響で玉の下のしずく部分にしか色は付かず、宇宙に行った山崎さんに「実験」をお願いしていた。
 大地さんによると、山崎さんは14日朝、トロピカルジュースやせっけんを使って成功したという。 

【関連ニュース】
「ママ、赤いシャボン玉だ!」=ジュースで作成、夢かなう
「ママ、シャボン玉お願い」=自由研究宇宙に託す
南極から理科の授業=観測隊同行の教諭
「原動力は子供時代の星空」=宇宙少年団式典で山崎飛行士
〔地球の風景〕世界記録、シャボン玉に94人

体調万全で作業も順調=持参の日本食、同僚に好評−宇宙で仕事1週間・山崎さん(時事通信)
太陽光促進など重点=規制改革分科会(時事通信)
<社民党>民主党の強行採決に異論 幹部会で慎重審議求める(毎日新聞)
<普天間移設>徳之島で反対集会 1万5000人が参加(毎日新聞)
米大統領「5月末決着」厳しく迫る…非公式会談(読売新聞)
[PR]
by apouttsvwm | 2010-04-22 19:06

「強盗」演じ、復縁図る=私立大生の男2人逮捕−大阪府警(時事通信)

 大阪府枚方市の女性(21)宅に侵入したなどとして、府警枚方署は15日、住居侵入などの疑いで、同市甲斐田町、関西外大4年坪倉篤志(21)、大阪府吹田市千里山東、関西大4年足達康宏(21)両容疑者を逮捕した。2人とも容疑を認めているという。
 同署によると、坪倉容疑者は女性と交際していたが、最近、別れ話を切り出され、幼なじみの足達容疑者に強盗を演じるよう依頼。同容疑者が女性宅に侵入した直後に助けに入り、気を引こうとしたという。 

【関連ニュース】
手柴死刑囚が病死=建設会社社長ら2人殺害
時効撤廃・延長法案が参院通過=5月中に成立、施行へ
大型スクーターでひったくり=被害品の処分役複数か
白タク運転手ら7人逮捕=元仲間を監禁容疑
上田容疑者、8回目の逮捕=連続不審死、詐欺容疑

太陽光促進など重点=規制改革分科会(時事通信)
<キセル乗車>相鉄が車掌解雇 定期券の入出場記録不正操作(毎日新聞)
首相動静(4月18日)(時事通信)
<裁判員裁判>強姦致傷事件で厳罰化傾向 実施状況を公表(毎日新聞)
中国人から「中国の恥だ」 上海万博PR曲に盗作疑惑(J-CASTニュース)
[PR]
by apouttsvwm | 2010-04-20 09:45

首相、「たちあがれ日本」の党名を論評せず(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は8日午前、平沼赳夫元経済産業相らが結成する新党「たちあがれ日本」について、「それぞれ国会議員として、あるいは政治家としてこの国を思う気持ちの中から行動されていると思う。信念を持って行動されるべきだ」と述べた。

 党名や、参加議員の平均年齢が70歳近いことに関しては「ネーミングやお年のことで申し上げるものは何もない」とコメントを避けた。首相公邸前で記者団に答えた。

【関連記事】
平沼新党の党名は「たちあがれ日本」
新党を「立ち枯れ?」 渡辺喜美氏がチクリ
「たちあがれ日本」に「立ち上がれり切れるかな?」 民主・平田氏
渡部恒三氏、自民党は「家出老人の続出だ」
舛添氏“自民乗っ取り”へ5月決起も、党内では不人気!?

研究系の38法人を統合へ、政府が仕分け方針(読売新聞)
神奈川の駐屯地で結核集団感染=教育課程参加者10人発症−陸自(時事通信)
<諫早湾干拓事業>検討委「4月末ごろ方向性」 現地視察へ(毎日新聞)
<雑記帳>笑いで街を活性化…落語家が街頭でPR 大阪(毎日新聞)
<橋下知事>府の教育人事権移譲…5市町へ、教委廃止も視野(毎日新聞)
[PR]
by apouttsvwm | 2010-04-13 18:51

<首相・閣僚会見>(4止)難しい、参加の可否判断(毎日新聞)

 インターネットなどメディアが多様化する中、閣僚の定例会見の開放の動きは、情報公開と説明責任が重視される民主主義社会にあって、その勢いが加速することはあっても後退することは許されない。ただ、課題も見えてきた。その一つが会見主催者の問題だろう。

 日本新聞協会がまとめた記者クラブに関する見解は、閣僚など公的機関主催の会見について「運営などが(官側の)一方的判断によって左右される危険性をはらんでいる」と指摘する。鳩山政権は昨年9月の発足時、事務次官会見を一方的に廃止した。都合が悪くなれば一時的に中止、または延期する恐れがある。同見解は「報道に携わる者すべてに開かれたものであるべきだ」としている。

 一方、会見参加の可否を誰がどうやって決めるかは難しい問題だ。ただ、官邸がオープン化した以上、「庁舎管理」などの理由だけで官側が参加を認めないのは妥当ではない。また、総務相会見のように主催する記者クラブが外務省に準じた規定を設けたケースもあるが、記者クラブ側が参加の可否判断をするのを批判するフリー記者もいる。組織かフリーの記者かを問わずに個人で構成する新たな団体に委ねるべきだという意見もある。いずれにしろ報道関係者自身が真剣に考える時期を迎えていると思う。【臺宏士】

【関連ニュース】
<最初から読む>首相・閣僚会見:(1)開放機運広がる 回数減らす動きも

政治資金監査、収入は調べず領収書照合のみ(読売新聞)
「サミット以上に厳しい警備」=APEC対策委で副総監−警視庁(時事通信)
月内にも新党結成の意向=5人確保に自信−平沼氏(時事通信)
自殺「月初め多い」3月1日は最少日の2・5倍(読売新聞)
<訃報>大澤利昭さん79歳=元東京薬科大学長(毎日新聞)
[PR]
by apouttsvwm | 2010-04-08 18:42



キャバ嬢の平凡日記(記録用)
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧