田舎で働くキャバ嬢の日記

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

地方議員47人が参画=日本創新党(時事通信)

 日本創新党党首の山田宏東京都杉並区長は25日、都内で記者会見し、民主、自民両党所属の現職自治体議員や議員経験者など計47人が日本創新党への入党を含め、同党の活動に参画することを明らかにした。今後、山田党首ら執行部は首長や地方議員を中心に夏の参院選の候補者選定作業を本格化させる。
 会見には47人中20人が同席。清水隆司大阪府岸和田市議会議員は、「先週、(民主党への)離党届が受理された。今の民主党はわたしの考えとはまったく逆の方向に進んでいる」と創新党参加の理由を説明した。出席した20人のうち、民主党系は6人、自民党系は6人だった。 

【関連ニュース】
舛添新党、早くも逆風=「第三極」主導は不透明
結党会見要旨=新党改革
「新党改革」旗揚げ=舛添代表「必ず政界再編」
舛添新党は理念不明確=千葉法相ら指摘
「自民党も頑張らないと」=直嶋経産相

首長新党 新党名はなんと「日本創新党」!(産経新聞)
AED 救急車で作動せず 男性死亡 大阪(毎日新聞)
雑記帳 再活用目指して「廃校全国サミット」 秋田(毎日新聞)
傷害容疑で会社員逮捕=父けられ入院、死亡−新潟県警(時事通信)
歩道を暴走のクルマ、歩行者を次々にはねる…薬物中毒か(レスポンス)
[PR]
by apouttsvwm | 2010-04-27 09:45

赤いシャボン玉を公開=長女の夢、山崎さんが宇宙で(時事通信)

 【ケープカナベラル(米フロリダ州)時事】山崎直子さん(39)が宇宙で作った赤いシャボン玉の写真が16日(日本時間17日)、夫大地さん(37)の簡易ブログ「ツイッター」で公開された。
 色付きシャボン玉は、長女優希ちゃん(7)が幼稚園児の時に取り組んだ夢。ただ地上では、重力の影響で玉の下のしずく部分にしか色は付かず、宇宙に行った山崎さんに「実験」をお願いしていた。
 大地さんによると、山崎さんは14日朝、トロピカルジュースやせっけんを使って成功したという。 

【関連ニュース】
「ママ、赤いシャボン玉だ!」=ジュースで作成、夢かなう
「ママ、シャボン玉お願い」=自由研究宇宙に託す
南極から理科の授業=観測隊同行の教諭
「原動力は子供時代の星空」=宇宙少年団式典で山崎飛行士
〔地球の風景〕世界記録、シャボン玉に94人

体調万全で作業も順調=持参の日本食、同僚に好評−宇宙で仕事1週間・山崎さん(時事通信)
太陽光促進など重点=規制改革分科会(時事通信)
<社民党>民主党の強行採決に異論 幹部会で慎重審議求める(毎日新聞)
<普天間移設>徳之島で反対集会 1万5000人が参加(毎日新聞)
米大統領「5月末決着」厳しく迫る…非公式会談(読売新聞)
[PR]
by apouttsvwm | 2010-04-22 19:06

「強盗」演じ、復縁図る=私立大生の男2人逮捕−大阪府警(時事通信)

 大阪府枚方市の女性(21)宅に侵入したなどとして、府警枚方署は15日、住居侵入などの疑いで、同市甲斐田町、関西外大4年坪倉篤志(21)、大阪府吹田市千里山東、関西大4年足達康宏(21)両容疑者を逮捕した。2人とも容疑を認めているという。
 同署によると、坪倉容疑者は女性と交際していたが、最近、別れ話を切り出され、幼なじみの足達容疑者に強盗を演じるよう依頼。同容疑者が女性宅に侵入した直後に助けに入り、気を引こうとしたという。 

【関連ニュース】
手柴死刑囚が病死=建設会社社長ら2人殺害
時効撤廃・延長法案が参院通過=5月中に成立、施行へ
大型スクーターでひったくり=被害品の処分役複数か
白タク運転手ら7人逮捕=元仲間を監禁容疑
上田容疑者、8回目の逮捕=連続不審死、詐欺容疑

太陽光促進など重点=規制改革分科会(時事通信)
<キセル乗車>相鉄が車掌解雇 定期券の入出場記録不正操作(毎日新聞)
首相動静(4月18日)(時事通信)
<裁判員裁判>強姦致傷事件で厳罰化傾向 実施状況を公表(毎日新聞)
中国人から「中国の恥だ」 上海万博PR曲に盗作疑惑(J-CASTニュース)
[PR]
by apouttsvwm | 2010-04-20 09:45

首相、「たちあがれ日本」の党名を論評せず(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は8日午前、平沼赳夫元経済産業相らが結成する新党「たちあがれ日本」について、「それぞれ国会議員として、あるいは政治家としてこの国を思う気持ちの中から行動されていると思う。信念を持って行動されるべきだ」と述べた。

 党名や、参加議員の平均年齢が70歳近いことに関しては「ネーミングやお年のことで申し上げるものは何もない」とコメントを避けた。首相公邸前で記者団に答えた。

【関連記事】
平沼新党の党名は「たちあがれ日本」
新党を「立ち枯れ?」 渡辺喜美氏がチクリ
「たちあがれ日本」に「立ち上がれり切れるかな?」 民主・平田氏
渡部恒三氏、自民党は「家出老人の続出だ」
舛添氏“自民乗っ取り”へ5月決起も、党内では不人気!?

研究系の38法人を統合へ、政府が仕分け方針(読売新聞)
神奈川の駐屯地で結核集団感染=教育課程参加者10人発症−陸自(時事通信)
<諫早湾干拓事業>検討委「4月末ごろ方向性」 現地視察へ(毎日新聞)
<雑記帳>笑いで街を活性化…落語家が街頭でPR 大阪(毎日新聞)
<橋下知事>府の教育人事権移譲…5市町へ、教委廃止も視野(毎日新聞)
[PR]
by apouttsvwm | 2010-04-13 18:51

<首相・閣僚会見>(4止)難しい、参加の可否判断(毎日新聞)

 インターネットなどメディアが多様化する中、閣僚の定例会見の開放の動きは、情報公開と説明責任が重視される民主主義社会にあって、その勢いが加速することはあっても後退することは許されない。ただ、課題も見えてきた。その一つが会見主催者の問題だろう。

 日本新聞協会がまとめた記者クラブに関する見解は、閣僚など公的機関主催の会見について「運営などが(官側の)一方的判断によって左右される危険性をはらんでいる」と指摘する。鳩山政権は昨年9月の発足時、事務次官会見を一方的に廃止した。都合が悪くなれば一時的に中止、または延期する恐れがある。同見解は「報道に携わる者すべてに開かれたものであるべきだ」としている。

 一方、会見参加の可否を誰がどうやって決めるかは難しい問題だ。ただ、官邸がオープン化した以上、「庁舎管理」などの理由だけで官側が参加を認めないのは妥当ではない。また、総務相会見のように主催する記者クラブが外務省に準じた規定を設けたケースもあるが、記者クラブ側が参加の可否判断をするのを批判するフリー記者もいる。組織かフリーの記者かを問わずに個人で構成する新たな団体に委ねるべきだという意見もある。いずれにしろ報道関係者自身が真剣に考える時期を迎えていると思う。【臺宏士】

【関連ニュース】
<最初から読む>首相・閣僚会見:(1)開放機運広がる 回数減らす動きも

政治資金監査、収入は調べず領収書照合のみ(読売新聞)
「サミット以上に厳しい警備」=APEC対策委で副総監−警視庁(時事通信)
月内にも新党結成の意向=5人確保に自信−平沼氏(時事通信)
自殺「月初め多い」3月1日は最少日の2・5倍(読売新聞)
<訃報>大澤利昭さん79歳=元東京薬科大学長(毎日新聞)
[PR]
by apouttsvwm | 2010-04-08 18:42

東京メトロ・丸ノ内線運転見合わせ…ホームドア点検(読売新聞)

 29日午前7時25分頃、東京メトロ・丸ノ内線の銀座駅でホームに設置されたドアの点検作業が行われた。

 この作業により、池袋―荻窪駅間で運転を見合わせている。

京浜東北線、大宮―大船間の上下線で運転見合わせ(読売新聞)
【新・関西笑談】「経済」を語ろう。(4)俳優 國村隼さん(産経新聞)
<強風>交通機関乱れる、30万人の足直撃 関東地方(毎日新聞)
ギョーザ中毒 逮捕 注射器、下水道から2本 中国当局押収 針にメタミドホス(産経新聞)
ネットいじめにも対応、45年ぶり指導手引書(読売新聞)
[PR]
by apouttsvwm | 2010-04-05 16:59



キャバ嬢の平凡日記(記録用)
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧