田舎で働くキャバ嬢の日記

逮捕の両親、鑑定留置=次男に食事与えず死亡−さいたま地検(時事通信)

 埼玉県蕨市で4歳次男に十分な食事を与えず放置したとして保護責任者遺棄容疑で逮捕された新藤正美(47)と妻早苗(37)両容疑者について、さいたま地検は16日、精神鑑定で刑事責任能力を調べるため、鑑定留置をさいたま簡裁に請求し、認められた。
 地検によると、両容疑者は取り調べ中の言動に不可解な点があるという。 

【関連ニュース】
知人男に懲役1年=押尾被告に麻薬譲渡
夫への不満から虐待か=妻が供述、夫婦生活でストレス
父「食事、息子は別」=妹生まれた3年前から
押尾被告の公判前整理始まる=本人が出席
「妻に逆らえなかった」と父親=育児放棄、見て見ぬふりか

逮捕の会社員、拳銃約30丁所持=銃刀法違反で再逮捕−広島県警(時事通信)
駐車場屋根、折れ曲がり直撃=女性死亡、強風原因か−北九州(時事通信)
<鳩山首相>B型肝炎訴訟で政府一体対応を指示(毎日新聞)
<業過傷害容疑>猟犬の飼い主を17日書類送検(毎日新聞)
<JAL>一便一便新しい気持ち…63歳機長、ラスト飛行へ(毎日新聞)
[PR]
# by apouttsvwm | 2010-03-23 18:30

連休の海や山は大荒れに=北・東日本、低気圧通過で−気象庁(時事通信)

 気象庁は17日、低気圧が発達しながら日本海を東北東へ進み、21日に北海道付近を通過する見込みと発表した。このため、20日から全国的に風が強まり、21日は北日本(北海道と東北)や東日本を中心に、海や山は大荒れになるという。同庁は暴風や高波、大雪に警戒を呼び掛けた。
 低気圧に向かっては、南から暖かく湿った空気が流れ込むため、ほぼ全国的に大気の状態が不安定となる。強い雨や落雷、突風の恐れがあり、北日本では所によって大雪の可能性もある。積雪の多い地域では雪崩にも注意が必要という。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ウェザーフォト・気象の写真
不明男性の死亡を確認=蔵王の雪崩
スキー場で雪崩、1人巻き込まれる=同行男性は救助
関東などで春一番=暖かい南風で気温上昇
雪崩でツアー客1人死亡=山スキー中巻き込まれる

日本人妻の帰国にも全力=中井担当相(時事通信)
<外交文書>政務三役が開示判断へ(毎日新聞)
「フワリ」感触、沈む地面…大阪城公園の陥没穴、目撃者が証言(産経新聞)
東北で強い揺れ 福島で震度5弱 緊急地震速報発令(産経新聞)
芸術選奨 坂本龍一さんらに文部科学大臣賞 09年度受賞(毎日新聞)
[PR]
# by apouttsvwm | 2010-03-19 10:45

9自治体で不適切な結核検査−厚労省調査(医療介護CBニュース)

 結核感染の有無を調べる「QFT検査」を適正に実施していなかった自治体が9つあることが、3月12日までの厚生労働省の調査で明らかになった。検査方法を誤ると、結核の感染者が陰性と判定されてしまうこともあるという。

 QFT検査は、採血で結核感染の有無を確認できる検査法。ツベルクリン反応検査のようにBCG接種の影響を受けないことから近年、全国各地の保健所などで本格導入された。

 ところが今年1月、大阪府の保健所が本来使用すべきプレート(組織培養プレート)ではなく、別のプレート(微生物培養プレート)で検査していたことが判明。大阪府からの報告を受け、厚労省が全国の都道府県や政令市、特別区を対象にQFT検査の実施状況について調査したところ、兵庫県、岡山県、広島県、香川県、広島市、倉敷市(岡山県)、福山市(広島県)、江東区(東京都)でも同様の事例が確認された。

 今後、同省では9つの自治体に対し、検査結果への影響やその後の対応について確認する方針だ。


【関連記事】
「結核に関する特定感染症予防指針」見直しへ
中高一貫校で35人が結核に集団感染―東京都
結核医療は「曲がり角」
「ユニット化病床」などで議論−厚労省・結核部会
新たな結核患者、9年連続で減少

自民編成予算にメス 5月に各省版仕分け 刷新会議(産経新聞)
容疑者の菓子食べ減給=留置施設で巡査、依願退職−静岡県警(時事通信)
首相動静(3月10日)(時事通信)
能楽観世流シテ方の河村禎二氏が死去(産経新聞)
自民・園田幹事長代理、辞任の意向伝える(読売新聞)
[PR]
# by apouttsvwm | 2010-03-17 19:49

市章が逆…1年半そのまんま 藤沢市保健所の営業許可書(産経新聞)

 神奈川県藤沢市保健所が市内のコンビニエンスストアや飲食店に発行し、店内に掲示される営業許可書の市章が左右逆に印刷されていたことが9日、市への取材で分かった。約1年半にわたり気付かず、2000店以上に発行されたといい、市のシンボルの“異変”が長らく放置されたかたちだ。市は「許可書の効力に問題はないが、恥ずかしいこと」と恐縮しており、正しいものと交換を進める。

 藤沢市章は、カタカナの「フジ」を図案化したデザインで、問題の営業許可書では、市章の「フ」の部分が左右逆になっている。営業許可書は食品を扱う業者や美容院など衛生管理が求められる業種に必要で、店内に掲示義務がある。

 同市によると、許可書の用紙に印刷ミスがあり、平成20年7月納入の3千枚の市章が逆向きに印刷されていた。同市保健所は気づかず、今月8日まで、この用紙を使用。同日、市内在住の男性がコンビニに掲示された許可書の市章がおかしいのに気づいて市に確認、ようやく発覚した。

 市の担当者は「市民に偽造ではないかといった誤解を与えかねず、申し訳ない」と話している。

新卒者支援策を周知へ=無料職業訓練など−政府(時事通信)
<訃報>堀木博さん95歳=元日本トランスシティ社長・会長(毎日新聞)
「正直に真実を述べた」小林議員聴取で首相(産経新聞)
<新型インフル>ワクチン接種は推定2278万人(毎日新聞)
<スナック経営者刺殺>起訴内容を全面否認 初公判で被告(毎日新聞)
[PR]
# by apouttsvwm | 2010-03-16 13:24

薬価改定影響率、最高は大日本住友の9%強(医療介護CBニュース)

 4月からの新薬価が官報告示されたことを受け、キャリアブレインは主要製薬企業に対して、現在の薬価から新薬価になった場合の売上高に対するマイナス影響率(試算の設定期間は企業により異なる)を聞き取り調査した。

【「製薬企業の薬価改定の影響率」詳細】


 厚生労働省が公表している薬価改定率は平均5.75%だが、長期収載品(後発品のある先発品)の2.2%追加引き下げ分(マイナス600億円)を除いており、これを含めた実質的な改定率は平均約6.5%。聞き取り調査によると、長期収載品の多い企業ほどマイナスの影響率が高い傾向があり、大日本住友製薬は9%強(長期収載品比率60%台半ば)、第一三共は7%台(同約50%)と回答した。
 小野薬品工業は、長期収載品比率が80%台後半と最も高いが、注射剤に強みを持つ製品構成上の特性から、影響率は平均並みに落ち着いた。

 主力製品が市場拡大再算定を受けた武田薬品工業は7%台前半、中外製薬は6.8%、ノバルティスファーマは7.4%と、いずれも平均を上回った。


【関連記事】
医療用医薬品市場、7.2%の高成長
中外製薬、売上高など過去最高の業績
協和発酵キリン、中期経営計画を発表
【中医協】アクトスなど市場拡大再算定品目が決定
薬剤費の削減額は当初試算から300億円拡大

大雪 青森・八戸で61センチ 宮崎9年ぶり降雪(毎日新聞)
ひったくり男、マラソン趣味・非番の警部が逮捕(読売新聞)
ラーメン橋 近くに店ないのに看板 福岡・香春の国道(毎日新聞)
火災 静岡・三島の老人ホーム、焼け跡から1遺体(毎日新聞)
人口急減自治体に200億円=月内に特別交付税配分−総務相(時事通信)
[PR]
# by apouttsvwm | 2010-03-11 18:06



キャバ嬢の平凡日記(記録用)
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧